退職代行

【利用経験者が本気で選んだ】おすすめの退職代行ベスト3【即日OK】

【利用経験者が本気で選んだ】おすすめの退職代行ベスト3【即日OK】

「どうしても退職を言い出せない」

「一度は退職を伝えたけど先延ばしにされた」

そんな時に役立つのが退職代行です。

退職代行を利用することで、自分で上司や社長とやりとりすることなく仕事を辞められます。

しかし退職代行は民法や労働基準法が深く関係するため、業者選びを間違えると損害賠償などのトラブルに発展しかねません。

「まともな業者選び」こそが、退職代行を利用する上での最初のハードルと言えます。

そこで本記事では、「ここから選べば間違いない」という退職代行ベスト3を紹介します。

結論を言うと、退職代行はSARABAが圧倒的におすすめです。

ざわし

僕もSARABAで即日退職しました!

\15,000人以上が退職/

SARABAの公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

 

退職代行の選び方【ポイントは5つ】

退職代行を選ぶポイントは下記の5つです。

  • 労働組合or弁護士
  • 料金
  • 営業時間・曜日
  • 返信の早さ
  • SNSでの口コミ

 

ポイント①:労働組合or弁護士

退職代行には民間企業・労働組合・弁護士の3種類があります。

必ず労働組合or弁護士を利用しましょう。

民間企業は違法の可能性が高いだけでなく、退職代行そのものを拒否されるリスクがあります。

民間企業・労働組合・弁護士の違いは下記の通りです。

民間企業 労働組合 弁護士
料金相場 30,000円 30,000円 着手金:50,000円
成功報酬:20%
対応範囲 退職の意思を伝える 民間企業 + 交渉 労働組合 + 裁判
特徴 安い業者が多い コスパがいい 書類作成も対応

 

労働組合がコスパ最高

コスパを重視したい方には労働組合がおすすめです。

労働組合と弁護士の違いは「裁判への対応」のみですが、退職代行を使って裁判に発展することはまずありません。

ざわし

2年以上、退職代行の情報を発信・収集していますが裁判になった事例は聞いたことがないです。

仮に上司や社長から「今辞めたら損害賠償で訴える」と言われても、労働組合の交渉権で十分に対応できます。

相場が弁護士より20,000円以上安く、ほぼ全ての問題に対応できる労働組合はコスパ最高です。

 

弁護士はオプションに注意

弁護士による退職代行の多くは、オプション費が発生します。

オプション費とは、未払いの残業代などを回収した場合に回収額に応じて発生する成功報酬です。

成功報酬の相場は回収額の20%であり、対象は下記の通りです。

  • 未払いの給与・残業代
  • ボーナス
  • 退職金
  • 有給消化

「弁護士に退職代行を依頼したら、最終的な支払いが10万円を超えた」というケースも存在します。

弁護士の退職代行を利用する際は、回収できる見込み額をきちんと計算する必要があります。

 

ポイント②:料金

料金の目安は相場±10,000円です。

退職代行の料金相場は下記の通りです。

  • 民間企業・労働組合:30,000円
  • 弁護士:着手金:55,000円、オプション費:回収額の20%

中には10,000円を切るような業者も存在しますが、その多くが詐欺・悪質業者や価格競争に勝ちたい個人です。

実際、「10名限定9,800円をうたっていたが、支払い後に連絡が取れなくなる」という詐欺が確認されています。

 

「追加費用なし」を選ぼう

退職代行は相場±10,000円かつ、「追加費用なし」の業者を選びましょう。

一部の退職代行では、下記に追加費用をもうけています。

  • 早朝・深夜対応
  • 即日退職
  • 書類サポート
  • 転職サポート

「知らないうちに料金が最初の倍になっていた」などの事態を避けるためにも、必ず追加費用のない退職代行を選びましょう。

見分け方は簡単であり、ホームページに「追加費用なし」の記載があります。

ざわし

「追加費用なし」は業者にとって宣伝文句の1つなので、必ず記載されています。

 

ポイント③:営業時間・曜日

「仕事辞めたい!」と思ったタイミングで辞めるには、24時間365日対応が必須です。

営業時間は退職代行によってまちまちなため、必ず確認しましょう。

また「24時間対応」と「24時間受付」は別物なので注意してください。

  • 24時間対応:いつでも相談・依頼ができ、すぐに対応してもらえる
  • 24時間受付:相談・依頼はできるけど、営業時間まで対応してもらえない

 

ポイント④:返信の早さ

退職代行を選ぶ上で、返信の早さはかなり重要です。

特に出勤日に即日退職を希望する場合は返信に1,2時間もかかる業者だと、出勤時間までに手続きが間に合わないことがあります。

事前に問い合わせをしてみて、遅くとも30分以内に返信が来る業者を利用しましょう。

ざわし

主要な退職代行に実際にLINEで問い合わせて、返信までの時間を測ってみました。

退職代行 返信までの平均時間(分)
SARABA 2分
ニコイチ 3分
EXIT 34分
ガーディアン 3分
Jobs 2分
男の退職代行 6分
J-NEXT 7分
弁護士法人みやび 4分

上記の時間は質問をして回答が来るまでの時間であり、LINE追加後のテンプレメッセージなどは含まれていません。

 

ポイント⑤:SNSでの口コミ

SNSで業者名で検索し、口コミが確認できない業者は避けましょう。

「口コミがない = 悪い」ではないですが、退職代行において利用者の数はサービスの質に直結します。

利用者の多い業者は多くのトラブルに遭遇・解決していることが多く、退職代行のためのマニュアルが整っています。

SNSで口コミを探す際は、Twitterが有効です。

Twitterで検索するときは「(業者名)-filter:links」とすることで、宣伝目的のURLを含むツイートを除外でき純粋な口コミが見れます。

 

おすすめの退職代行ベスト3【ここから選べば間違いなし】

安全かつ楽に会社を辞められる、おすすめの退職代行をランキング形式で紹介します。

紹介する退職代行には、下記の項目が共通しています。

  • 労働組合
  • 30,000円(相場)以下
  • 追加費用なし
  • 転職サポートあり

特にこだわりがないなら、ここから選べば間違いありません。

 

1位:SARABA

退職代行SARABAのトップページ

SARABAはEXIT、ニコイチと並び「3大退職代行」と呼ばれる、退職代行の大手です。

利用者は15,000人以上という、圧倒的な実績を誇っています。

多くの人を退職に導いてきたSARABAなら、なかなか辞めさせてくれない上司・社長でもしっかり交渉してくれます。

料金 税込24,000円
労働組合 退職代行SARABAユニオン
特徴
  • 15,000人以上が利用
  • 労働組合型のパイオニア
  • 海外にも拠点があり24時間365日、5分以内に対応
こんな人にオススメ!
  • 出勤まで時間がないけど即日退職したい
  • 手続きをさくさく進めたい

 

SARABAの口コミ

20代/男性/物流業/正社員

SARABAを利用した感想は大満足です。

なぜなら、会社と一切会うことも連絡することも無いからです。

当時僕はトラック運転手をしていました。毎日12時間以上の拘束で心身共に疲れ切っていました。

その会社は家族経営で僕はその家族から前借りで借金があり辞めるに辞めれませんでした。

そこでSARABAを利用して会社とやり取りを取ってもらったら1週間ほどで「退職手続きが完了しました」と連絡が来て本当に感謝しています。

 

\15,000人以上が退職/

SARABAの公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

 

2位:ガーディアン

退職代行ガーディアンのトップページ

ガーディアンを運営するのは、創立20年を超える東京労働経済組合です。

多くの労働問題を解決してきた”ガチの労働組合”だからこそ、安心して利用できます。

また悪質な企業に対しては「サイト掲載による晒し行為」を行うことで、ブラック企業を牽制しています。

料金 税込29,800円
労働組合 東京労働経済組合
特徴
  • トラブルシューティング力が高い
  • やっかいな上司・社長にも強気に交渉
  • 悪質企業をサイト掲載で牽制
こんな人にオススメ!
  • 退職を伝えると怒られる・詰められる
  • 上司・社長がモンスター

 

ガーディアンの口コミ

25歳/女性/保険営業/正社員

労働組合が行う退職代行サービスなので、法的なトラブルを避ける事が出来ました。

即日退職も可能なので、辞めたいと思ったタイミングで退職出来ました。

ブラック企業なので心配でしたが、スムーズな手続きを行って頂けて感謝しております。

有給や残業代などの交渉もして頂けるので、スッキリして辞める事が出来て嬉しかったです。

 

\安心の交渉力/

ガーディアンの公式サイトはこちら

※LINEで気軽に相談!

 

3位:男の退職代行・わたしNEXT

男の退職代行のトップページ

わたしNEXTのトップページ

男の退職代行・わたしNEXTは退職代行toNEXTユニオンが運営する、男性・女性専門の退職代行です。

性別によってサービスをわけることで、それぞれの悩みに寄り添ったサービスを受けられます。

実際、そのサービスの質は日本退職代行協会(JRAA)より「唯一の特急認定」を受けるほどです。

業界初となる退職代行のサブスク「ヤメホー」も展開しています。

料金
  • 正社員:26,800円・29,800円
  • パート・アルバイト:19,800円
  • ヤメホー:3,300円/月
労働組合 退職代行toNEXTユニオン
特徴
  • 性別による悩みに寄り添ったサービス
  • パート・アルバイトなら20,000円以下
  • 業界初!退職代行のサブスク
こんな人にオススメ!
  • アルバイト・パートの人
  • また退職代行を利用するかもしれない人

 

男の退職代行の口コミ

30代/男性/建設業/正社員

LINEでのレスポンスが非常に早かったので安心できましたし、丁寧に相談にも乗っていただけたので非常に心強かったです。

また、料金に関しても比較的リーズナブルでしたし、LINEでの申請から退職代行までがとにかくスピーディーだったので驚きました。

おかげで円満に退職することができましたし、有給などの取得やアフターフォローまで丁寧で非常に好印象を受け良かったです。

 

\男性の悩みに寄り添う/

男の退職代行の公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

 

わたしNEXTの口コミ

20代/女性/介護職/契約社員

強気な上司と会いたくないけど、人手不足だったので職場の空気に配慮し続けて退職を切り出せずにいました。

こちら、雇用形態に関わらず退職代行してくれる点で選びました。

上司、同僚に会わずに退職まで話し合いを持って行ってくれて、しかも、転職サポートが必要ではないかと聞いてくれる配慮までしてくれました。

特に、パワハラまがいなトラブルでもその点を突っ込んで交渉してくれて、退職金も支給されました。

 

\女性の悩みに寄り添う/

わたしNEXTの公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

 

利用前にチェック!退職代行FAQ

退職代行を使ったことが転職先にバレることはある?

退職代行の利用が転職先にバレる、転職活動に影響することはありません。

なぜなら、そのような情報を会社が本人の了承なく他の企業に教えるのは違法だからです。

ただし狭い業界内では、噂として伝わってしまうことが考えられます。

これは民間企業・労働組合・弁護士、どの退職代行でも同じです。

 

退職代行を使うと懲戒解雇や損害賠償になるって本当?

ほとんどのケースで、懲戒解雇や損害賠償にはなりません。

懲戒解雇は横領などの犯罪、無断欠勤を繰り返すなど重度の違反・会社への損害がなければ認められません。

次に損害賠償は、有期雇用の人が契約を満了せずいきなり辞めると対象となります。

ですが、「やむを得ない事由」など損害賠償の対象とならないケースもあります。

交渉ができる退職代行であれば、その点をおさえて交渉するので損害賠償の心配は不要です。

 

退職代行って人の弱みにつけ込んだ詐欺じゃない?

退職代行の中には詐欺業者も存在します。

下記を避けることで、詐欺被害にあう可能性をグッと減らせます。

  • 安すぎない・高すぎない
  • あまり聞かない業者名
ざわし

本記事で紹介した業者なら、どれも安全です!

 

退職代行は寮や社宅でも使える?

問題なく使えます。

ただし退職日に退去となるケースが多いため、退職代行の手続きと引越しの準備を並行して進める必要があります。

 

会社が退職代行を拒否することはある?

民間企業の退職代行の場合、拒否される可能性があります。

退職代行にはなにか法的な権利があるわけではないため、「うちは退職代行を認めていない」と会社は主張できます。

退職代行の認知が拡大していることで、そのような対策をする会社も少なくありません。

ただし労働組合・弁護士は下記の理由より、拒否されることはありません。

  • 労働組合:団体交渉権
  • 弁護士:代理人手続き

 

退職代行でも有給は消化できる?

残日数をフルで消化できます。

有給は労働者の権利であり、消化させるのは会社の義務です。

退職時の有給は拒否・先延ばしができないため、安心して申請しましょう。

退職代行とあわせて有給消化を希望する際は、その旨を利用する退職代行に伝えておきましょう。

 

退職代行から連絡が来なくなったんだけど、、、

退職代行を利用していると、いきなり連絡が来なくなることがあります。

ほどんどの場合、会社からの連絡待ちであるため問題ありません。

どうしても気になるようなら電話など、別の方法で連絡してみましょう。

 

未払いの給与・残業代は請求できる?

労働組合・弁護士の退職代行であれば請求できます。

給与・残業代の支払いは会社の義務のため、全額を請求できます。

またケースによっては、遅延損害金や利息の上乗せが可能です。

ボーナスや退職金については、会社の規定によります。

支給の規定を満たしている場合、給与と同様に請求できます。

 

引き継ぎをしなくても大丈夫?

引き継ぎをせず、退職することに問題はありません。

ただし就業規則に「退職時には引き継ぎ業務が必要」の記載がある場合、引き継ぎをしないと懲戒解雇・損害賠償に発展する可能性があります。

どうしても心配であれば、簡単な引き継ぎ書を作成しておくことをおすすめします。

 

退職代行に申し込むのにベストなタイミングは?

無料相談を終え、利用を決めたタイミングです。

退職代行は実行日を指定できます。また申し込み後は、勤務状況の確認などがあるため申し込みと実行にタイムラグが発生します。

「申し込みを終え、いつでも実行できる」という状況にしておくのがおすすめです。

 

退職代行で迷ったらSARABAが安パイ

おすすめの退職代行ベスト3は下記です。

1位:SARABA

  • 15,000人以上が利用
  • 労働組合型のパイオニア
  • 海外にも拠点があり24時間365日、5分以内に対応

\15,000人以上が退職/

SARABAの公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

 

2位:ガーディアン

  • トラブルシューティング力が高い
  • やっかいな上司・社長にも強気に交渉
  • 悪質企業をサイト掲載で牽制

\安心の交渉力/

ガーディアンの公式サイトはこちら

※LINEで気軽に相談!

 

3位:男の退職代行・わたしNEXT

  • 性別による悩みに寄り添ったサービス
  • パート・アルバイトなら20,000円以下
  • 業界初!退職代行のサブスク

\男性の悩みに寄り添う/

男の退職代行の公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

\女性の悩みに寄り添う/

わたしNEXTの公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

 

「自分にはどこがいいのかよくわからない」という人は、SARABAにしておけば間違いありません。

利用者の数や、退職代行としての人気・実績がぶっちぎりです。

ざわし

僕もSARABAで即日退職でしましたし、本当におすすめです!

\15,000人以上が退職/

SARABAの公式サイトはこちら

※相談は24時間無料!

-退職代行
-