退職代行

【早い・安い・簡単】退職代行J-NEXTなら記名してポストに入れるだけ!

しおざわ

組織での仕事に限界を感じ1ヶ月半で退職→当ブログの運営を開始→フリーライターとして独立し、SEOライティング・FPとしての知識を活かし、投資などの金融分野を中心に活動中。

アイキャッチ引用:https://j-next.biz

しおざわ

こんにちは、しおざわです。退職代行を使って即日退職しました。

本記事では利用経験者の観点から、J-NEXTについて解説をしていきます。

「退職代行を利用したいけど失敗が怖い」「できるだけ料金は抑えたい」なんて悩んではいませんか。

本記事では、格安で退職代行を依頼できるJ-NEXTのメリットやデメリット、退職事例をご紹介します。

本記事で解決できる悩み

  • J-NEXTってどんな会社?
  • J-NEXTを使えば退職できるの?
  • 利用者の声が気になる
  • 退職までの流れは?

結論を言ってしまうと、J-NEXTは早い・安い・簡単が揃った退職代行です。しかも退職成功率が100%のため、安心して利用できますよ。

「とにかく早く辞めたい」「できるだけ安く済ませたい」という方にはJ-NETがぴったりです!

J-NEXTのおすすめポイント

  • 圧倒的低価格20,000円で退職代行
  • 郵送するだけの退職スターターキット
  • 成功率100%&全額の返金保証
  • 転職・引っ越しのサポート
  • LINEもOK!24時間受付

 

\税込20,000円で即日退職/

J-NEXTに無料相談

※24時間365日受付中

退職代行J-NEXTの基本情報

https://j-next.biz

運営 J-NEXT株式会社
公式サイト https://j-next.biz
種類 民間企業
成功率 100%
料金 一律20,000円(追加費用なし)
問い合わせ 電話・メール・LINE
受付時間 24時間年中無休

J-NEXTはJ-NEXT株式会社によって提供される、民間企業タイプの退職代行です。

退職代行には3種類

  • 民間企業:退職の連絡のみ代行。料金が安い。
  • 労働組合:退職の連絡&細かな条件交渉ができる。コスパがいい。
  • 弁護士:全ての手続きを代行OK、裁判になっても安心。料金が高い。

J-NEXT最大の特徴は、価格と手続きの手軽さです。弁護士を除く、退職代行の相場は30,000〜50,000円ですが、J-NEXTはたったの20,000円で利用できます。

手続きは名前を書いて郵送するだけなので、誰でも簡単に退職できます。

「安くて簡単」と言われると品質が心配ですが、J-NEXTは成功率100%のため安心して利用できます!

 

退職代行J-NEXTのメリット5つ

退職代行J-NEXTを利用することで得られる5つのメリットを紹介します。

J-NEXTメリット5つ

  • 圧倒的低価格20,000円で退職代行
  • 郵送するだけの退職スターターキット
  • 成功率100%&全額の返金保証
  • 転職・引っ越しのサポート
  • LINEもOK!24時間受付

 

圧倒的低価格20,000円で退職代行

J-NEXTなら、税込20,000円で退職代行を依頼できます。オプション費などで追加料金を取られることもありません。

退職代行の相場は、弁護士で50,000円+成功報酬、弁護士以外だと30,000円〜50,000円といったところです。

J-NEXTは数多くある退職代行のなかでも、かなり格安と言えるでしょう。「できるだけ費用を抑えたい」という方にはおすすめです。

 

郵送するだけの退職スターターキット

J-NEXTでは名前を書いてポストに入れるだけの、退職スターターキットが無料でもらえます。

スターターキット内容

  • 退職届
  • 白封筒
  • 郵送用レターパック
  • 内容証明用郵便サンプル一式(希望者のみ)

特に初めての退職の場合は「退職届の書き方がよくわからない」なんて悩みがつきものですよね。J-NEXTなら郵送されてくるスターターキットに署名・捺印をするだけで簡単に退職を実現できます。

 

成功率100%&全額の返金保証

J-NEXTは税込たったの20,000円で全てのサービスが利用できます。退職できるまで、相談回数は無制限です。

なかには「安いと品質が心配」なんて意見もあると思いますが、J-NEXTの退職成功率は100%です。(2021年3月12日時点)

しおざわ

公式サイトに記載はありませんが、J-NEXTに問い合わせをして確認しました!

万が一、退職ができなかった場合には全額の返金保証があるので「お金が無駄になった」と損することはありません。J-NEXTは実績と料金の安さ、両方を持ちあわせています。

 

転職・引っ越しのサポート

J-NEXTでは人材派遣会社と提携をしているため、希望者は転職エージェントの紹介を受けられます。

「辞めたいけど次が見つかってない」「勢いで依頼したけどこの先どうしよう」なんて悩む必要がありません。

また引っ越しセンターへの特別優待専用ダイヤルが用意されています。社宅などの退職にあたり引っ越しが必要な方はさらにお得に利用できますよ。

J-NEXTは退職代行のサービスだけでなく、転職・引っ越しのアフターフォローも充実しています。

 

LINEもOK!24時間受付

J-NEXTへの連絡には電話・メール・LINEが利用できます。24時間受け付けているため、出勤当日の朝や週末、出勤中でも依頼できます。

しおざわ

ぼくは出勤日の朝いきなり「どうしても無理だ」と感じそのまま依頼、即日退職をしました。

「いきなり出勤が嫌になった」「頑張って来てみたけどやっぱりダメだった」なんて場合でも、J-NEXTなら対応可能です!

 

退職代行J-NEXTのデメリット3つ

本章では退職代行J-NEXTのデメリット3つを紹介します。デメリットを理解しておくことで、失敗の可能性を減らせます。

J-NEXTのデメリット3つ

  • 大手に比べて実績が少ない
  • 労働組合や弁護士ではない
  • 訴訟には対応できない

 

大手に比べて実績が少ない

J-NEXTは退職代行のなかで較的若いサービスのため、大手と呼ばれるところに比べると、実績が少ないことが考えられます。

実績の多さは、対応したケースの多さであり、トラブルが起きた時の解決能力に直結します。

下記は大手と呼ばれる退職代行の実績一覧です。

依頼件数 成功率
J-NEXT 不明 100%(2021年3月12日時点)
SARABA 15,000人 ほぼ100%(2021年3月時点)
ニコイチ 28,632人 100%(2021年7月17日時点)
EXIT 5,000人 100%(2021年4月8日時点)

 

J-NEXTの実績件数は得られませんでしたが、成功率や依頼事例(後ほど紹介)を見る限り、サービスの品質に問題はなさそうです。

 

労働組合や弁護士ではない

退職代行には下記の3種類があり、J-NEXTは民間企業に分類されます。

退職代行には3種類

  • 民間企業:退職の連絡のみ代行。料金が安い。
  • 労働組合:退職の連絡&細かな条件交渉ができる。コスパがいい。
  • 弁護士:全ての手続きを代行OK、裁判になっても安心。料金が高い。

民間企業の退職代行は、料金は安い代わりに対応できるサービスの範囲が狭くなります。

考えられる最悪のケースは、会社側から「退職代行は認めない」と主張された場合です。

労働組合なら団体交渉権、弁護士なら代理人として反論できますが、民間企業の退職代行では対応できません。

J-NEXTの成功率が100%であるため、ほとんど起こらないと考えられますが注意は必要です。心配な場合は無料相談をしっかりと活用しましょう。

 

訴訟には対応できない

J-NEXTは裁判に発展した場合に対応ができません。ごくたまに退職を申し出ると、「今辞めたら損害賠償を請求する」と言われることがあります。

辞めさせないための脅し文句であることがほとんどですが、万が一本当に裁判となった場合は、新しく弁護士の方を雇う必要があります。

下記は実際に退職によって、損害賠償の支払いが裁判で確定した有名な判例です。

ケイズインターナショナル事件

  • 企業間の特殊な契約を理由に男性社員Xを新たに雇用
  • しかしXは入社してすぐに病気を理由に退職
  • Xの雇用元は200万円をXに請求
  • 裁判によって70万円と5分の遅延損害金の支払いが確定

参照:厚生労働省

社員が退職するだけで裁判になる可能性はかなり低いですが、特殊な契約を結んでいる方は事前に確認をしましょう。

 

退職代行J-NEXTの事例紹介

https://j-next.biz

実際にJ-NEXTを利用して退職を成功させた方の事例を紹介します。それぞれ違う職種・雇用形態のため、退職代行の利用を考えている方はぜひ参考にしてください。

20代女性/医療福祉/正社員/2年半勤務

『出勤を考えると胃痛になります』

相談内容:人間関係がうまくいかず、無断欠勤をしている。精神的に参っていて胃痛が酷い。

結果:欠勤は有給を使って振替、他の要望にも対応しつつ即日退職

事例を詳しく見る

20代男性/サービス/アルバイト/6日勤務

『アルバイトですが辞めれますか?』

相談内容:仕事があわない。体力的に辛くて続けていけない。

結果:退職届は必要なく、即日退職

事例を詳しく見る

20代女性/事務/契約社員/2年半勤務

『契約社員の退職は可能ですか?』

相談内容:まわりの社員に陰口を言われているのを知り、信用できない。また精神的に疲れた。

結果:体調不良を原因に即日退職

事例を詳しく見る

30代男性/不動産/正社員/3ヶ月勤務

『職場の方がいい人ばかりで退職を言いずらいです』

相談内容:前からやりたかった仕事に就けそうだが、職場の方がいい人ばかりで退職を言いずらいです。

結果:退職スターターキットを利用して簡単退職

事例を詳しく見る

20代男性/製造/正社員/4ヶ月勤務

『すぐに辞めれますか?来月から新しい仕事に就くことが決まっています』

相談内容:雰囲気があわず辞めたいが、上司に言いにくい。来月からの転職先も決まっていてすぐに辞めたい。

結果:退職スターターキットを利用して即日退職

事例を詳しく見る

J-NEXT利用者に共通して見られるのが以下の2つです。

  • 雰囲気的に言い出しづらい
  • 今すぐに辞めたい

\税込20,000円で即日退職/

J-NEXTに無料相談

※24時間365日受付中

 

退職代行J-NEXTのよくあるQ&A5つ

J-NEXTを利用について、気になる5つの疑問点に回答しました。

20,000円だけで退職できますか?

はい、できます。支払い方法には銀行振り込み・コンビニ・各種クレジットカードがあります。銀行振り込みの場合は20,000円に加えて振り込み手数料が必要です。

即日退職なんて本当にできますか?

はい、即日退職は可能です。民法上では退職の申し出から実際に退職が成立するまで2週間が必要です。 しかし「心身の不調などのやむを得ない事情がある」「即日退職に会社が同意した」などの場合は即日でも退職できます。

会社から訴えられませんか?

退職で訴えられることはほとんどありません。「今辞めたら損害賠償を請求する」と主張してくる場合がありますが、退職を止めるための脅しであることがほとんどです。

社員が1人退職するだけで会社に確実な損害が発生することはほぼありません。

離職票などの書類はもらえますか?

退職で訴えられることはほとんどありません。「今辞めたら損害賠償を請求する」と主張してくる場合がありますが、退職を止めるための脅しであることがほとんどです。

はい、もらえます。離職票や雇用保険の被保険者資格喪失証などの書類は希望に応じて、会社に伝えてもらうことができます。

社員証などはどうすればいいですか?

社員証や保険証などの会社からの貸与物は郵送で返却できます。また会社に私物が置いてある場合は、着払いで郵送してもらうことも可能です。

 

退職代行J-NEXTの利用は簡単3ステップ

https://j-next.biz

J-NEXTを利用して退職するまではたったの3ステップです。


  • 無料の事前相談

    まずは電話・メール・LINEから無料相談を行いましょう。相談は回数無制限で、24時間受け付けています。

    公式サイト下部のお問い合わせフォームからどうぞ!
    退職代行J-NEXT公式サイト


  • 料金の支払い、打ち合わせ

    相談に納得できたら料金を支払って、打ち合わせに移ります。J-NEXTの支払い方法は銀行振り込み・コンビニ・各種クレジットカードです。

    打ち合わせでは、退職希望日や勤務状況などについて聞かれます。


  • 代行連絡の実行、退職届の郵送

    希望日になると、J-NEXTから会社に退職の代行連絡が行われます。その間は退職届の用意を進めましょう。

    希望者は名前を書いてハンコを押すだけの退職スターターキットが無料で利用できます。


J-NEXTの退職3ステップ

  1. 無料の事前相談
  2. 料金の支払い、打ち合わせ
  3. 代行連絡の実行、退職届の郵送

 

退職代行J-NEXTは安心して任せられる

本記事の内容をまとめます。

J-NEXTメリット5つ

  • 圧倒的低価格20,000円で退職代行
  • 郵送するだけの退職スターターキット
  • 成功率100%&全額の返金保証
  • 転職・引っ越しのサポート
  • LINEもOK!24時間受付

J-NEXTのデメリット3つ

  • 大手に比べて実績が少ない
  • 労働組合や弁護士ではない
  • 訴訟には対応できない

J-NEXTは20,000円で即日退職ができる、早い・安い・簡単が揃った退職代行です。比較的若いサービスではありますが、成功率は100%であり、実績も問題ないでしょう。

まずは無料相談からしてみてはいかがでしょうか。

\税込20,000円で即日退職/

J-NEXTに無料相談

※24時間365日受付中

  • この記事を書いた人

しおざわ

組織での仕事に限界を感じ1ヶ月半で退職→当ブログの運営を開始→フリーライターとして独立し、SEOライティング・FPとしての知識を活かし、投資などの金融分野を中心に活動中。

-退職代行
-

© 2021 退職代行ナビゲーター Powered by AFFINGER5