退職代行

即日退職したぼくがSARABAを選んだ6つの理由【注意点あり】

「SARABAを使って会社を辞めたいけど詐欺や失敗が怖い」なんて悩んでいませんか?

この記事で紹介する『損をしないためのポイント5つ』を実践することで誰でも簡単に会社を辞めることができます。

なぜならぼく自身SARABAで即日退職を成功させ、その経験をもとのこの記事を書いているからです。

この記事ではSARABAの特徴や口コミ、退職代行で損をしないための5つのポイントを紹介します。

SARABAを使うことで、今の苦しい環境を1日で変えることができますよ。

退職代行SARABAってどんな会社?

運営
実行
株式会社スムリエ

退職代行SARABAユニオン

代表者 上谷美幸樹
所在地 福岡県福岡市中央区天神3丁目10-32 ロゼ天神303
問い合わせ 0120-987-776
公式サイト問い合わせフォーム
公式サイト https://taisyokudaikou.com
営業時間 24時間年中無休
料金 25,000円(追加費用なし)
支払い 銀行振り込み(一括)/クレジットカード(PayPal)
実績 15,000人(2021年3月時点)

 

退職代行SARABAは労働組合型の退職代行で、トラブルシューティング能力、即時対応、料金の安さが特徴です。

運営は福岡を中心とした不動産仲介業者の株式会社スムリエによって行われています。

スムリエは退職代行SARABAの宣伝やサービスの販売のみを行い、実行をするのは労働組合である退職代行SARABAユニオンです。

運営と実行を別とすることで企業による安定性を保ちながら、労働組合でもあるため非弁行為のリスクを避けることに成功しています。

非弁行為とは

弁護士以外が報酬を目的に法律事務、法律行為を行うこと。退職時の交渉などは非弁行為の恐れがある。

労働組合は例外的に会社と交渉ができる。

 

退職代行SARABAが選ばれる6つの理由

退職代行の需要は高まり、業者の数は50を超えるとも言われています。

多くの業者があるなかでSARABAが退職代行として人気を誇り、多くの人から選ばれている理由は以下の6つです。

SARABAが選ばれる6つの理由

  • 会社と交渉ができる
  • 無視/拒否をされることがない
  • 24時間いつでも対応
  • 5分以内の即返信
  • 料金が安い/返金保証
  • サポートが充実

順番に解説します。

 

会社と交渉ができる

SARABAは労働組合であるため団体交渉権という権利が労働組合法によって定められています。

交渉権を使うことで会社に対して退職の連絡だけでなく、未払いの給与の請求や残っている有給の申請、退職日の調整を行うことができます。

上記のことを労働組合、弁護士以外が行うのは非弁行為(=違法)です。最悪の場合、退職が無効となることもあります。

労働組合のSARABAなら退職の意思をしっかりと会社に伝えつつ、必要な要望をしっかりと通すことができます。

 

無視/拒否をされることがない

退職代行から連絡を受けた会社は「退職代行は認めない」として、以降の連絡を無視しても問題ありません。

実際に「会社が退職代行を認めず失敗した」というケースもあります。退職代行の知名度が高まることで、対策をしてくる会社は少なくありません。

ここで重要なのが交渉権です。労働組合であるSARABAを無視することは、不当労働行為であり違法です。そのためSARABAから連絡を受けた会社は必ず対応しなければいけません。

多くの退職代行が「無視されたら失敗する」というリスクを抱えるなかで、SARABAは会社に対応を強制させることができるため失敗のリスクを減らすことができます。

 

24時間いつでも対応

SARABAは24時間年中無休で依頼を受け付けています。そのため「今すぐに辞めたいのに連絡がつかない」なんてことが起こりません。

多くの退職代行はスタッフに限りがあるため、深夜から早朝は営業していない、または追加料金が必要となる場合ががほとんどです。

SARABAは日本だけでなく、海外にもスタッフがいるため深夜や早朝であってもすぐに対応することができます。

退職代行が最も使われるのは深夜から早朝です。その時間帯に営業しているSARABAを使えば、本当に苦しい時いつでも会社を辞めることができます。

 

5分以内の即返信

SARABAは連絡を受けてから5分以内の即返信を目標としています。退職代行というなれないサービスを使う中ですぐに返信がくるのはそれだけで心強いですよね。

 

しおざわ

ぼくが利用した時はマニュアル的な文面だけでなく、個人的な質問に対しても平均2分ほどで返信が来ました。初めての退職だったのでとても助かりました。

 

退職代行SARABAとの連絡

※ぼくがSARABAを利用した時のやり取りの様子です

 

利用者の口コミにも「対応の早さがいい」という評価がたくさんあります!

https://twitter.com/sasu_saku_0723/status/1066234227832713217?s=20

 

24時間いつでも即返信のSARABAを使うことで「依頼したけど返信が来ず、手続きが進まない」「状況がわからず出社せざるをえない」というリスクを回避できます。

 

料金が安い/返金保証

SARABAの利用にかかるお金は、追加料金なしの25,000円のみです。退職代行の料金相場は30,000〜50,000円のため、比較的安いと言えます。

また退職に失敗した場合は全額の返金保証があるため金銭的な不安を抱えることなく利用することができます。

さらに詳しく

2021年3月時点でのSARABAの退職成功率はほぼ100%です。

※依頼者都合で退職→休職へと依頼の変更があったため

支払いにはクレジットカードが利用できるため、手持ちがなくても問題ありません。SARABAなら相場以下の料金で労働組合の交渉力を利用することができます。

 

その他サポートが充実

SARABAでは退職前、手続き、退職後の全ての過程でサポートを受けることができます。具体的には下記のものがあります。

SARABAのサポート体制

  • 依頼前の無料相談
  • 【行政書士監修】退職届が無料
  • 【人材派遣と提携】無料の転職サポート

 

まずは無料相談にて勤務状況や要望などを伝えてから正式に依頼をすることができます。依頼内容に応じて行政書士が監修した退職届や、会社に提出する要望書のフォーマットを無料でもらえます。

また人材派遣会社と提携をしているため、転職を考えている人にもSARABAはおすすめです。

 

しおざわ

個人的には退職届が一番助かりました。名前を書くだけでいいので、初めての退職でも5分で退職届が書けました!

初めての退職でも安心して利用できるのもSARABAの魅力と言えます。

 

裁判の代理人/サビ残の給与請求はできない

一般的な退職代行に比べて扱える範囲が広いSARABAですが、一部できないこともあります。

裁判の代理人、サービス残業の給与請求は弁護士にしか行えず、労働組合であるSARABAには対応できません。

「パワハラを受けたため慰謝料を請求したい」「サービス残業した分の給与を払わせたい」という方は弁護士に相談をしましょう。

 

退職代行で裁判になる?

退職代行を利用することで裁判になることはほとんどありません。

なぜなら社員が1人辞めるだけで、会社に確実な損害が発生することはないからです。時間やお金のコストから考えても、退職を認める方が会社にとっては得です。

ただし特殊な契約の場合は注意が必要です。過去に特殊な業務のために雇用された男性社員が、業務の途中で退職をしたために損害賠償請求をされた事例があります。

ケイズインターナショナル事件

一般的な雇用であれば、退職で裁判になることはまずありません。会社から「損害賠償だ!」と言われてもただの脅しであることがほとんどです。

メモ

2021年4月現在、退職代行が原因で裁判になった事例はありません。

 

サービス残業が請求できない理由

サービス残業の場合は「本当にサービス残業をした」という証明が必要です。働いた時間の確認、それにともなう請求金額の計算が必要になります。

これらは弁護士にしか行うことができず、労働組合のSARABAには対応できません。SARABAが扱えるのは働いた記録が残っている分までです。

 

SARABAの特徴についてまとめると、「裁判以外の退職にかかわる問題ならほぼすべて対応できる」です。最後にもう一度SARABAの強みを確認しておきましょう。

SARABAが選ばれる6つの理由

  • 会社と交渉ができる
  • 無視/拒否をされることがない
  • 24時間いつでも対応
  • 5分以内の即返信
  • 料金が安い/返金保証
  • サポートが充実

 

SARABAへ問い合わせはコチラ

 

退職代行SARABAは詐欺?怪しさの原因を解説

SARABAを含め、退職代行には「詐欺じゃないのか」「怪しい」という意見があります。確かに退職代行を利用して、弱みに漬け込むような詐欺があるのも事実です。

しかしSARABAについては以下の3つの理由から詐欺ではないと断言できます。

SARABAが詐欺ではない理由

  • 代表が顔出しで取材を受けている
  • 実在の企業が運営
  • 実際に退職した人が多い

 

代表が顔出しで取材を受けている

現在の退職代行SARABAユニオン執行委員長である岡本大輝さんが沖縄県のテレビ局、琉球朝日放送に出演をしています。取材はSARABAが労働組合になる前のもののため、現在のサービスと内容に違いがあります。

なぜ自分で言えない?退職代行サービス県内にも

不特定多数の人が見るテレビに代表が顔を出して取材を受けるというのは詐欺会社ではまずありえません。またyoutubeにもSARABAへのインタビュー動画、自主動画が多くあります。

 

【やまもとりゅうけんさんのSARABAへのインタビュー】

 

【SARABAの公式YouTube】

 

これだけ身元を明かして行うサービスが詐欺であるとは考えられません。

 

実在の企業が運営

すでに紹介をしましたが退職代行SARABAを運営するのは株式会社スムリエという実在する企業です。

スムリエは福岡を中心に不動産の仲介を行なっており、きちんと実績のある企業です。

そのような企業が詐欺を働くとは考えにくく、退職代行SARABAはスムリエという企業のサービスの一つであると言えます。

 

実際に退職した人が多い

SARABAの依頼実績は15,000人(2021年3月時点)であり、多くの人が退職を成功させています。

SNSで検索をすると実際に利用した人の口コミが多く見られます。SARABAがこれらを自作しているとは考えられません。

 

  • 代表が顔出しで取材を受けている
  • 実在の企業が運営
  • 実際に退職した人が多い

上記の3つの点から「退職代行SARABAは企業の行う信頼できるサービスである」と言えます。

 

退職代行SARABAの口コミと事例

実際にSARABAを使って退職した人の口コミや事例を紹介します。

SARABAの口コミ

【良いもの】

  • 対応が早くて助かった
  • 料金が安い
  • 本当に退職できてよかった

【悪いもの】

  • 労働組合を悪用している
  • 退職代行なんてもったいない

 

SARABAの良い口コミ

 

 

 

SARABAの悪い口コミ

「倫理的に納得できない」という社労士の方のツイート。反対に「リーガルで頭がいい」という弁護士の方の意見もあります。退職代行は専門家のなかでも意見が割れているようです。

 

 

SARABAの退職事例

25歳男性/IT系3ヶ月勤務/正社員/東京

正社員だが、派遣に近い。

退職の意思を伝えたが、後任がいないこと、派遣先に担当がいないことを理由に対応してもらえない。

退職届を郵送したところ、損害賠償を請求する旨のメールが届くが、SARABAが対応したところ退職が完了した。

参照:IT系社員の退職代行事例

21歳女性/保育士10ヶ月勤務

限界が来ているのですぐに退職したい。

保育園で担任を持っており、以前から何度か辞めたいことを伝えているが、年度末まで退職出来ないとその度に言われている。

SARABAに依頼したところ、園長先生からSARABAに「本人以外からの電話で退職は認められない」と反論。SARABAと園長先生の長時間のやり取りの末、退職が確定しました。

参照:保育士の退職代行事例

10代男男子大学生/アルバイト2ヶ月勤務

飲食店でアルバイトをしているが、最近身内の不幸があり精神的に疲れてしまったので退職をしたい。

親からも退職の同意を得ているが、どうしても自分で言い出せないので申し込んだ。

SARABAがアルバイト先の店長に連絡をしたところ、驚いてはいたが「仕方がない」とのことで問題なく退職できた。

参照:アルバイトの退職代行事例

 

SARABAへ問い合わせはコチラ

 

退職代行SARABAは他社より本当に優れているのか

SARABAは他の退職代行と比較しても、本当に優れていると言えるのでしょうか。以下の6つの項目において退職代行の大手2社、弁護士2社と比較をしました。

SARABAと他社を比較するにあたり、営業時間内に公式LINEへ連絡を行い、返信が来るまでの時間を計測も行っています。

 

比較項目

  • 実績
  • 成功率
  • 対応範囲
  • 料金
  • 営業時間
  • 返信までの時間

 

下記のデータは全て各社に確認をした公式のものです。

SARABA EXIT ニコイチ 弁護士法人みやび ITJ法律事務所
実績 15000人 5000人 20194 1000人 700人
成功率 ほぼ100% 100% 100% 公務員を除いて100% 「把握できていない」との回答
対応範囲 ・退職の連絡
・未払い給与の請求
・有休消化サポート
・その他交渉
・退職の連絡 ・退職の連絡 ・退職の連絡
・未払い給与の請求
・有休消化サポート
・訴訟対応
・その他交渉
・退職の連絡
・未払い給与の請求
・有休消化サポート
・訴訟対応
・その他交渉
※料金プランによって変動
料金 25,000円 アルバイト・パート:30,000円

正社員:50,000円

27,000円 着手金:55,000円

オプション費:回収額の20%(給与請求など)

料金プラン:19,900円/29,900円/39,900円

給与請求など:経済的利益の20%

営業時間 24時間365日 24時間365日 7:00〜23:30 記載なし 平日・第二土曜日 10:00〜18:30
返信までの時間 2分 35分 3分 15分 7分

 

SARABAとその他大手4社を比べてわかることは「SARABAは最安で退職代行に必要なサービスのほとんどを受けられる」ということです。

 

退職の連絡だけでは不十分

退職代行は依頼者の代わりに会社に退職の意思表示をするサービスです。退職とは、依頼者と会社の契約を終了することであり、「辞めます」→「わかりました」で完結するものではありません。

退職代行には書類関連、引き継ぎ、その他の連絡事項など多くの問題を解決できる能力が求められます。労働組合や弁護士といった、立場を持たない民間の退職代行では主体的に問題を解決できません。

なぜなら弁護士法に違反する可能性があるからです。たとえば会社から「退職代行は認めない」と言われたら打つ手がなく、引き下がるしかありません。

そのようなトラブルを避けるためにも、退職の連絡以外に合法に問題を解決できる業者を選ぶことが退職代行では重要です。

 

弁護士まで出す必要はない

弁護士に依頼をすることで退職の連絡だけでなく、その他交渉、訴訟になったときの対応まで可能です。しかし退職代行で弁護士まで出す必要はありません。

なぜなら労働組合との違いは「訴訟に対応できるか」だけなのに対し、退職するだけで訴訟に発展することはほとんどないからです。またスピードにも差が出ることもあります。勤務状況の確認に加え、面談があったり、細かい調整が入ったりします。

広すぎる対応範囲に高額の料金を払い、かつ時間のかかる弁護士は「今すぐに辞めたい」という方には不向きと言えます。逆に「時間はかかってもいい」「パワハラ・セクハラなど他にも問題がある」という方は弁護士に依頼をしてください。

 

コスパが最もいいのは労働組合

退職代行には民間・労働組合・弁護士と3種類がありますが、最もコスパがいいのは労働組合です。

なぜなら労働組合には団体交渉権があるため、退職の連絡だけでなく主体的に問題を解決できるからです。料金も民間と変わりません。

また退職代行だけに特化している分、弁護士と比較してサービスも手厚くスピード感があります。

「退職できればいい」「とにかく辞めたい」という方には労働組合の退職代行がぴったりです!

 

SARABAへ問い合わせはコチラ

 

退職代行SARABAのQ&A6つ

しおざわ
退職代行SARABAに関するよくある質問に答えていきます!

 

即日退職できる?

はい、可能です。民法の規定では退職には申し出から2週間の経過が必要ですが、会社からの合意があれば即日退職もできます。実際、ほとんどの場合で即日退職に合意が得られます。

合意って得られるの?

即時退職の依頼の場合、SARABAは会社に対して「依頼者は出勤の意思がないようです」と伝えます。そうすると会社としては、保険料などのコスト削減のため即日退職に合意します。

 

依頼してからどれくらいで辞められる?

長くて2週間、早ければ30分でも辞められます。

民法の規定があるため退職で2週間あれば確実に辞めることができます。また会社とSARABAのやり取りがスムーズに進めば依頼から30分もあれば退職可能です。

しおざわ

SARABAは基本的に5分以内の即返信のため、できるだけ早く退職を決めるには依頼者の準備が重要です。

 

組合費などは必要?

いいえ、必要ありません。

SARABAは労働組合であるため利用には、退職代行SARABAユニオンへの加入が必要です。ですが入会費や組合費は必要ありません。SARABAの利用に必要なのは25,000円(税込)のみです。

 

労働組合の運動にしないといけない?

いいえ、必要ありません。

SARABAの労働組合に加入したかといって労働運動に参加させられることはありません。また退職後にはすぐに組合を抜けることができます。

 

離職票などの書類はもらえる?

はい、もらえます。

離職票や健康保険の資格喪失者票などはSARABAに伝えておけば退職の連絡と一緒に会社に伝えてくれます。「必要な書類がわからない」という場合は正直にSARABAにその旨を伝えれば大丈夫です。

しおざわ

ぼくは初めての退職で書類のことをなにも知らなかったので「よくわからないので退職にかかわる書類全部お願いします」と伝えました。それで全く問題なかったです。

 

有給は消化できる?

はい、できます。

SARABAの有休消化サポートは成功率98%と非常に高いです。また退職時の有給申請については会社は拒否できないため、基本的に有給は使い切ることができます。

 

退職代行SARABAで損をしないためのポイント5つ

SARABAを利用してただ辞めるだけではなく、損をしないためのポイント5つを紹介します。実際に利用したぼくの経験をもとにしているので参考にしていただけると思います。

ポイント

  • 有給の日数を確認する
  • 退職理由は「一身上の都合」
  • 会社の連絡先を確認
  • 人事の連絡先を調べる
  • 私物を持ち帰る

 

有給の日数を確認する

退職は伝えてから2週間の経過をもって成立します。そのため「退職する」と伝えてから2週間は出社しなくてはいけません。

退職時の有給申請は拒否できないため、残っている有給をその2週間に適用することで出社日数を減らすことができます。

 

退職理由は「一身上の都合」

退職理由を具体的に伝えてしまうと会社に対して説得の材料を与えることになります。

たとえば「給料が安いからやめたい」→「給料上げるから辞めないで」、「パワハラがひどい」→「話し合って解決しよう」など。

そもそも退職に理由を説明する義務はありません。「一身上の都合」だけで退職の申し入れとして効力があります。

本気で辞めようと考えているのなら、具体的な理由は伝えず「辞めます」という意思を押し通すのがベストです。

 

会社の連絡先を確認

スーパーマーケットなどの店舗勤務の方は本社の連絡先を確認しておきましょう。

なぜなら店舗勤務の場合、「退職の連絡は本社にしてください」というパターンがあるからです。SARABAが利用できる情報はネット上などに公開されているものに限るので注意してください。

依頼した後に気づいて慌てて探すと見つからなかった時にかなり焦ります。

しおざわ

ぼく自身スーパーに勤めていて、いざSARABAを使おうと思ったら本社の連絡先がなかなか見つからず、とても焦りました。

 

人事の連絡先を調べる

人事担当の連絡先を知っていることで、直属の上司と揉めた場合でも退職につなげることができます。

上司が反論をしてきても、退職の処理をするのは人事部です。そこに直接SARABAが連絡をすることですんなりと手続きが進みます。

 

私物を持ち帰る

退職を決めたら会社に置いてある私物は持ち帰るようにしましょう。

なぜなら退職代行を使って辞めた後に私物を取りに行くというのは精神的にかなり疲れます。特に即日退職はかなりきついです。

会社からの貸与物は最後に全て郵送で返却できるので問題はありません。しかし「私物を送ってください」とはなかなか言えないと思います。

損をしないためにも、退職を決めたら私物は持ち帰るようにしましょう。

 

以上がSARABAで損をしないための5つのポイントでした。最後にもう一度まとめておきます!

ポイント

  • 有給の日数を確認する
  • 退職理由は「一身上の都合」
  • 会社の連絡先を確認
  • 人事の連絡先を調べる
  • 私物を持ち帰る

 

退職代行SARABAの利用の流れ【簡単5ステップ】

SARABAを使って会社を辞めるまでには5つのステップがあります。実際にぼくが利用した時のやり取りのスクリーンショットを公開しながら解説をしていきます。

 

SARABA利用の流れ

  • 問い合わせ
  • 相談・支払い
  • ヒアリング
  • 退職届の郵送・代行連絡
  • 退職完了

 

問い合わせ

SARABAの公式サイトより問い合わせをします。おすすめはLINEです。

SARABAの公式サイトはこちら

LINEを追加すると今後の流れ、利用上の注意などが定型文として送られてきます。

 

相談・支払い

「まだ悩んでいる」という方はこの段階で相談をしておきましょう。ぼくの場合は「絶対に辞める」と決めていたのですぐに支払いに移行しました。

支払い方法は銀行振り込みかクレジットカード決済が選べます。クレジットカード決済はペイパルというサービスを仲介して行われます。

支払いが完了したことを証明するスクリーンショットなどをSARABAに送ることで支払いは完了です。

※ぼくが利用した時のものです。当時は料金が27,000円でした。

SARABA支払いのスクリーンショット

 

ヒアリング

支払いが終わると、勤務状況や退職希望日などを細かく聞かれるヒアリングに移ります。

聞かれる項目がけっこう多いため、回答をしながら「少し面倒だな」と思いました。ヒアリングで聞かれた内容を下にまとめてあります。ぜひ参考にしてください。

全部で16項目です!

ヒアリング

  • 氏名、生年月日、住所
  • 電話番号、メールアドレス
  • 職種、雇用形態、勤続年数
  • 会社名、所属部門
  • 会社に連絡する日時の希望
  • ↑は公休、欠勤、無断欠勤、出勤のどれか
  • 退職希望日はいつか
  • 最終出勤日はいつにするか
  • 退職理由
  • 会社から書類などを送ってもらう住所
  • 会社との直接のやり取りを希望するか
  • 会社からの貸与物はあるか
  • 会社から返却してほしいもの(置きっぱなしなど)
  • その他の要望
  • 無料転職サポートを希望するか
  • 身分証の提示

 

退職届の郵送・代行連絡

ヒアリングが完了すると、希望日時に会社にSARABAから退職の連絡代行が実行されます。連絡代行が終わるとSARABAから完了の連絡があります。

その間に退職届を作成し郵送してください。フォーマットはSARABAが用意しているため、指示に従えば大丈夫です。

SARABAの連絡がどれだけ早く完了しても退職届がなくては正式に退職は成立しません。

できるだけ早く退職届を出してください。

SARABAからの退職届郵送の指示

 

退職完了

SARABAによる退職の連絡、退職届の到着をもって退職は完了です。

おつかれさまでした!

SARABAから退職完了の連絡

 

SARABAへ問い合わせはコチラ

 

退職代行SARABAまとめ

今回は退職代行SARABAの特徴・口コミを紹介、他社との比較を行いました。SARABAが人気を誇っている理由は以下の6つ!

SARABAが選ばれる6つの理由

  • 会社と交渉ができる
  • 無視/拒否をされることがない
  • 24時間いつでも対応
  • 5分以内の即返信
  • 料金が安い/返金保証
  • サポートが充実

 

比較からは「SARABAは最もコスパのいい退職代行である」ということがわかりました。その理由は

  • 扱える範囲の広さ
  • 労働組合なので合法
  • 民間と変わらない料金

という点です。

 

最後になりますが、SARABAを利用することで「会社を辞められない」という環境を1日で変えることができます。

本当に苦しいなら逃げてみるのもありではないでしょうか。ぼくは1年経った今でも「逃げてよかった」と心底思います。

 

SARABAへ問い合わせはコチラ

  • この記事を書いた人

しおざわ

退職代行を使って新卒で入った会社を退職→ブログを書いたりwebライターしながら、のんびりと生活しています。

-退職代行
-

© 2021 zawablog Powered by AFFINGER5