退職代行

退職代行SARABAって実際どう?使ったぼくが解説します

しおざわ
こんにちは、しおざわです。退職代行SARABAを使って、新卒で入った会社を1ヶ月半で即日退職しました。

「会社を辞めたい、けど自分では言えない」という人にとって退職代行は非常にありがたいサービスですよね。そんな退職代行のなかでも、よく名前を聞くのがSARABAだと思います。しかし口コミなどを調べてみてもあまり出てこず、利用に踏み切れないでいるのではないでしょうか。

記事を最後まで読むことで、「退職代行SARABAって安心して依頼できるの?」という疑問を解決できます。なぜなら、ぼくが実際に使って会社を辞めているからです。

この記事では、ぼく自身の体験を踏まえながら「SARABAって実際どうなの?」という所を解説していきます。

この記事でわかること

  • SARABAを使った人の口コミ
  • SARABAでの失敗
  • 実際に使ってみてどうだったか

退職代行SARABAの基本情報

運営元(実行) 株式会社スムリエ(退職代行SARABAユニオン)
公式サイト https://taisyokudaikou.com
料金 25,000円(追加費用なし)
連絡 電話・メール・LINEで24時間対応

 

退職代行SARABAの特徴は3つ

数多くある退職代行のなかでSARABAが選ばれる理由は3つです。

SARABAが選ばれる3つの理由

  • 会社と交渉が行える
  • 対応がかなり早い(返信は平均2分)
  • 金銭的ハードルが低い

順に解説していきます。

 

会社と交渉が行える

SARABAに依頼をすることによって会社に対して要望を通しやすくなります。なぜならSARABAの実行元が労働組合だからです。

労働組合には法律で定められた交渉権があります。労働組合が使用する交渉権に対して、会社が無視や拒否などの扱いをすると不当労働行為として会社は違法です。そのため他の退職代行にくらべて意見・要望を強く主張できるのです。

注意

労働組合でない退職代行が交渉を行なってしまうと、その業者が弁護士法違反になります。

たとえば「残っている有給を使い切りたい」「払われていない残業代を払って欲しい」などにSARABAは対応できます。退職は一方的に伝えるだけで済むものではありません。だからこそ退職代行は会社と交渉できることが重要です。

私は労働組合なんて入ってないけど大丈夫?

SARABAは労働組合に入ってなくても利用できます。「労働組合は会社にあるけど入ってない」「そもそも労働組合なんてない」という人でも大丈夫です。

SARABA利用時には退職代行SARABAユニオンという労働組合への加入が必要ですが、退職が完了すればすぐに抜けることができます。お金も一切かかりません。

 

対応がかなり早い(返信は平均2分)

SARABAを利用した人の口コミに多いのが対応の早さへの好評です。

 

SARABAはやりとりの返信がとにかく早いです。実際にぼくが利用した時のは平均2分で返信がきました。ただマニュアルを送るだけでなく、質問に対する返信も早くとてもよかったです。

下はぼくがSARABAを利用した時の実際のスクリーンショットです。

退職代行SARABAとの連絡

 

ぼくにとって初めての退職で、わからないこと・知らないことが多くありました。SARABAはそんな疑問や不安をすぐに解決してくれるので非常に心強かったです。

 

金銭的ハードルが低い

SARABAに依頼するのに必要なのは25,000円のみです。しかも失敗したら全額の返金保証があります。

退職代行の料金相場は30,000〜50,000円ほど。「退職の連絡を代わりにするだけで数万円!?」という意見は多いですが、現在の相場はこのくらいです。業者によっては「即日退職は+1万円」のような追加費用がかかる場合もあります。

SARABAは労働組合という強みがありつつ、相場以下の料金で利用できます。金銭的なハードルはかなり低いと言えるでしょう。

返金保証は対象外となる条件があり

返金保証の対象外となるケースの例です。

  • 依頼者都合のキャンセル
  • 72時間以上連絡が取れない

「なんでもかんでも返金してもらえる」ということはないので注意。

 

退職代行SARABAの利用は5つのステップ

SARABAを使って退職するまでには大きく5つのステップがあります。他の退職代行であっても、流れはほとんど変わりません。

step
1
問い合わせ

まずはSARABAの公式サイトから問い合わせを行いましょう。方法は電話、メール、LINEがあり24時間年中無休で問い合わせ可能です。

step
2
支払い

支払い方法は銀行振り込みとクレジットカードの2種類があります。おすすめはその場で支払えるクレジットカードです!料金は25,000円で、追加費用はありません。

step
3
ヒアリングシート

支払いが完了すると、現在の状況や退職希望日などの事項をSARABAから送られるテンプレートに従って記入します。

回答事項が多く、ぼくはここが少し大変でした。聞かれる内容を下にまとめてあるので事前に準備しておくとスムーズに進みます。

step
4
代行連絡の実行

希望日になるとSARABAが会社に対して連絡を行ってくれます。連絡が完了すると、SARABAから報告が来るので待ちましょう。

step
5
書類の作成&郵送

SARABAからの報告を待つ間に退職届などの書類を作成しましょう。必要な書類のフォーマットはSARABAが用意してくれているので非常に簡単です。

作成が完了したら「会社に郵送してください」という指示が来るので従いましょう。

 

ヒアリングシートの内容

  • 氏名、生年月日、住所
  • 電話番号、メールアドレス
  • 職種、雇用形態、勤続年数
  • 会社名、所属部門
  • 会社に連絡する日時の希望
  • ↑は公休、欠勤、無断欠勤、出勤のどれか
  • 退職希望日はいつか
  • 最終出勤日はいつにするか
  • 退職理由
  • 会社から書類などを送ってもらう住所
  • 会社との直接のやり取りを希望するか
  • 会社からの貸与物はあるか
  • 会社から返却してほしいもの(置きっぱなしなど)
  • その他の要望
  • 無料転職サポートを希望するか
  • 身分証の提示

 

退職代行SARABAの口コミってどう?

正直SARABAを含め、退職代行についての口コミは、悪い内容も良い内容もかなり数が少ないです。退職代行の利用に後ろめたさを感じているためかもしれません。

SARABAについて口コミはいろいろあります。内容の多くは似通っていて、まとめるとこんな感じです。

退職代行SARABAの口コミまとめ

悪いもの:「このサービスって違法だろ」「使われたけど対応が雑」

良いもの:「法の穴を突いてて賢い」「すぐに退職できて最高」

SARABAの口コミについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

口コミからわかる退職代行SARABAの正しい使い方【実体験あり】

こんにちは、しおざわです。退職代行SARABAを使って会社を即日退職しました。ぼくの実体験をもとに退職代行SARABAについて解説をしていきます。 前提として、この記事での「退職代行」に弁護士によるも ...

続きを見る

 

退職代行SARABAに失敗はある?

SARABAの退職成功率は、公式発表でほぼ100%となっています。他の退職代行の多くは成功率100%としています。

「SARABAだけほぼ100%ならダメじゃない?」と思うかもしれませんが、実はSARABAは失敗をしたわけではありません。

SARABAの退職成功率が100%じゃないのは「依頼者の意思が途中で変わったから」です。

SARABAの退職成功率がほぼ100%ということは失敗したことがあるんですか?

失敗したというよりも、会社側から、休業と退職のどちらがいいのかと問われたとお伝えした際に、休業の方をご依頼主様が選んだことが過去にあります。

仕事が原因で精神的に参ってしまい、自宅療養をしているのだから辞められた方がいいですよ。とお伝えしましたが、本人は休業を選びました。

退職には至らなかったわけなのでほぼ100%としております。

引用:https://taisyokudaikou.com

 

つまり「退職で依頼したけど、やっぱり休職で」という感じです。

 

本当に気をつけるのは「退職できない」以外の失敗

実は法律的に、退職代行は失敗しません。なぜなら会社には退職を拒否する権利が無いからです。退職代行で本当に気をつけるべきは他にあります。

それを知らないと「本来できたはずの退職ができない」なんてことにもなりかねません。 退職代行の利用で気を付けるべきポイントはこちらの記事にまとめてあります。

ぼくは退職代行SARABAで失敗しました。【退職はできた】

しおざわ こんちは、しおざわです。SARABAを使って新卒で入った会社を1ヶ月半で即日退職しました。自分が利用した時の経験をまじえながら退職代行SARABAの失敗について解説をしていきます。 記事を読 ...

続きを見る

 

まとめ:退職代行SARABAを実際に使ったぼくの話

ぼくはSARABAを使って本当によかったと思っています。「使わない方がよかったな」と思ったことは一度もありません。

即日退職で出勤の当日にいきなり辞めたので、少しだけ罪悪感はありました。それでも辞めて正解だったなと思っています。

なぜなら会社を辞めて暇になったことで、やりたいことが見つかったからです。

会社にいた時は自分の時間はほぼなく、家に帰ってもご飯を食べて寝るだけ。休みの日も仕事の疲れと寝不足のためにひたすら寝るだけの生活。自分のことを真剣に考える時間なんてまったくありませんでした。

仕事を辞めて暇になると、どうしても「ぼーっとする時間」ができ、人生について嫌でも考えてしまいます。現状がつらいなら逃げてみるのも選択肢です。

SARABAを使って退職した感想・会社を辞めた後の生活についてはこちらの記事をどうぞ!

新卒が1ヶ月半でSARABAを使った感想とその後の話

こんにちは、しおざわです。 退職代行SARABAを使って、新卒で入った会社を1ヶ月半でやめました。 記事を読むとわかること SARABAを使ってみた感想 SARABAでのぼくの失敗談 新卒1ヶ月半で退 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
zawablog

しおざわ

退職代行を使って新卒で入った会社を退職→ブログを書いたりwebライターしながら、のんびりと生活しています。

-退職代行
-

© 2021 退職代行で仕事辞めたブログ Powered by AFFINGER5