副業

【社会人の常識】FXとはなにか|基礎知識からリスクまで解説

しおざわ

組織での仕事に限界を感じ1ヶ月半で退職→当ブログの運営を開始→フリーライターとして独立し、SEOライティング・FPとしての知識を活かし、投資などの金融分野を中心に活動中。

この記事で解決できる悩み

  • FXの仕組みが知りたい
  • 株との違いがわからない
  • FXって危なくない?

「最近流行ってるFXってなに」「FXは簡単に儲かるって聞いた」なんて悩んでいませんか?

数年前から投資の一つとして耳にするようになったFX、「サラリーマンだけど副業でFXをしてる」「主婦だけど隙間時間で稼いでる」なんて声もちらほら。

本記事ではFXの基本的な仕組みや特徴、株との違い、リスクについて解説をしていきます。FXはきちんと理解しないまま始めてしまうと、一瞬で借金だけを残し退場させられる危険性があります。

記事を読むことでFXの基礎的な知識をつけることができますよ。

FXとは

FXとはForeign Exchangeの略で、日本語では外国為替(証拠金)取引になります。FXの取引業者に証拠金(=元手資金)を預け、異なる通貨のペアを売買することで、為替変動の差額によって利益を得る投資商品です。

FXの取引単位は「通貨」です。例えば米ドル/円での1通貨の買い取引とは、1米ドル=100円と仮定すると、100円を売って1米ドルを買うことで売りはその逆です。

買い(売り)取引を行うことを「買い(売り)ポジションを持つ」と言います。

またスワップポイントという金利差によって利益を得ることもできます。通貨の売買、スワップポイントについて以下で順に解説します。

 

FXで利益を得る2つの方法とは

FXで利益を得る方法は以下の2つがあります。

  • 為替差益:FXでの利益のメインとなる。米ドル/円などの通貨のペアを選んで売買し、為替変動による差額から利益を得る。
  • スワップポイント:国の金利差によって利益を得られる。金利の安い国の通貨を売り、高い国の通貨を買うことで通貨を保有した日数分の利益が得られる。

以下で順に詳しく解説します。

 

為替差益

FXで得られる利益のメインとなるのが、通過ペアの売買による為替差益です。代表的な通過ペアである米ドル/円を例に解説します。

例えば、1ドル=100円の時に1万米ドルを買うとします。その時にかかる金額は100円×1万米ドルで100万円です。そして1米ドル=101円の時に所持している1万米ドルを売ると、101円×1万米ドルで101万円を得ることができます。

購入にかかった100万円と、売ることで得られた101万円の差額である1万円が利益となります。逆にドルが高いと思ったら、売りから入り、安くなった時に買い戻すこともできます。実際の通貨の所有に関係なく、買いと売りどちらでも取引できるのがFXの特徴の一つです。

通過ペアを選んで安く買って高く売る、または高く売って安く買う、どちらかの取引をすることで得られる差額がFXでの利益となります。

 

スワップポイント

金利の低い国の通貨を売り、金利の高い国の通貨を買うことで、金利差に応じた金額を毎日得ることができます。

トルコリラ/円の通貨ペアを例にすると、2021年6月時点での政策金利はそれぞれトルコが19.0%、日本が-0.1%です。金利差は19.1%であり、トルコリラ/円の買いポジションを保有した日数分だけ日割りでスワップポイントを得られます。

具体的に何円もらえるの?

ヒロセ通商ではトルコリラ/円のスワップポイントは1万通貨の取引で43円(2021年5月18日実績)です。また外為どっとコムでは1万通貨当たり38円(2021年6月7日適用分)となっています。

スワップポイントは日を跨いでポジションを保有した場合にしか付与されないので注意が必要です。また逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合はスワップポイントを支払う必要があります。

 

株とは全く違う!FXの特徴3つ

FXのは株とは違う大きな特徴が3つあります。

FXの3つの特徴

  • 24時間取引できる
  • 銘柄に悩まなくていい
  • 少ない資金で始められる

投資初心者でも参加のハードルが低く、副業としても始めやすくなっています。

 

24時間取引できる

FXは土日を除き、24時間いつでも取引を行うことができます。なぜなら日本の東京証券取引所が閉じた後もロンドンやニューヨークなど、世界の市場がどこかしら開いているからです。

対して株取引は、東京証券取引所の開いている平日9:00-15:00でしか取引ができません。株が国内の企業への投資であるのに対し、FXは国家間の取引です。そのため世界の市場のどこかが開いていればFXは取引ができます。

仕事が終わって帰宅するまでの1時間、夜寝る前の15分間などFXは好きなタイミングで取引が行えます。

 

銘柄に悩まなくていい

日本の上場企業は2021年6月現在で3,768社です。株取引の場合、その中から投資する企業を選ぶ必要があります。投資初心者の方が3,500以上の銘柄から適切な投資対象を選ぶのは簡単ではありませんよね。

対して国内のFX取引業社が扱う通過ペアは多くても約50種類です。さらに米ドル/円やユーロ/円など、メジャーな通貨ペアは決まっているで扱う通貨ペアに悩むことはほとんどありません。

選択肢が少ないFXは投資初心者にとって参入ハードルが低いと言えます。

 

少ない資金で始められる

FXは4,000円程度で取引を始められます。なぜならFXにはレバレッジという機能があるからです。レバレッジとは少ない資金でより大きな金額を動かせる仕組みで、最大で資金の25倍までの金額を使うことができます。

例えば、1米ドル=100円、資金が4,000円とすると、買うことのできる通貨数は4,000円÷100円で40米ドルです。ですが25倍のレバレッジを4,000円にかけることで、4,000円×25倍で10万円の取引が行えるようになります。1ドル=100円とすると1,000米ドルの取引が可能になります。

株取引のレバレッジは最大で約3倍までのため、ある程度の資金が必要です。「最初から大きな金額を使うのは怖い」という方でもFXなら気軽に始められます。

 

【知らないと危険】FXに潜む2つのリスクとは

数ある投資のなかでも比較的始めやすいFXですが、投資である以上必ずリスクがあります。実際にGoogleなどで”FX”という単語で検索をかけると「FX やめとけ」「FX 危険」などの結果が出てきます。

FXのリスクを知らずに取引を行うことで、預けた証拠金が底をつき負債(=借金)を負うこともあります。FXを行う上でリスクとなるのが以下の2つです。

  • 高いレバレッジの取引
  • 強制ロスカット

高いレバレッジの取引

FXではレバレッジを使い、最大で元手の25倍の資金を利用することができます。そのため少額から始められるのがFXの魅力の一つでもあります。

ですが25倍の資金を動かすということは、相場が予想と逆に動いた時の損失も25倍になるということです。レバレッジが1倍であれば100円の損失だったものが、25倍だと2,500円の損失になります。

 

強制ロスカット

FXでは取引を行う利用者を守るため、ある程度の損失に達したら強制的に決済をされる強制ロスカットがあります。ロスカットの基準は業者によりますが、証拠金維持率50%を目安としているところが多いです。

証拠金維持率とは

「保有している全てのポジションを決済したら証拠金は現在の何%になるのか」という数値です。

例)現在の証拠金が10万円で、全ポジション決済後の証拠金が

150,000円 →証拠金維持率:150%
50,000円→証拠金維持率:50%

株取引では値下がりがあっても根気よく持ち続けることで、株価が戻ることがあります。しかしFXではある程度の損失で強制的に決済が行われてしまいます。

そのためレバレッジなどを考慮をしつつ、証拠金維持率を下げないようにすることが大切です。

 

FXを始めるのに必要な資金額とは

FXは少額から始めるのに適した投資です。では具体的に何円あればFXを始めることができるのでしょうか。

FXのの取引単位は主に1万通貨です。米ドル/円の取引を行おうとすると、1米ドル=100円なら100円×1万通貨=100万円が必要になります。25倍のレバレッジを利用しても4万円の資金が必要です。

最近では少ない取引単位で始められる業者も多く、1通貨から取引が行えます。そのため最低でも4円あればFXを始められるのです。現実的な利益などを考慮すると、少なくとも4,000円(1,000通貨)程度が必要資金と言えるでしょう。

 

副業で投資を始めるならFX

<記事のまとめ>

FXとは通貨ペアを売買することで為替差益による利益を狙う投資であり、最大25倍のレバレッジが利用できます。FXの特徴は以下の3つです。

  • 24時間取引できる
  • 銘柄に悩まなくていい
  • 少ない資金で始められる

FXのリスクには証拠金維持率が基準を下回ったときに行われる強制ロスカットがある。

気軽に始められるとしてよく聞くようになったFXですが、投資である以上必ずリスクはあります。しかし投資初心者でも参入のハードルが低く、副業としても始めやすいのがFXです。

まずは数千円からFXを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

しおざわ

組織での仕事に限界を感じ1ヶ月半で退職→当ブログの運営を開始→フリーライターとして独立し、SEOライティング・FPとしての知識を活かし、投資などの金融分野を中心に活動中。

-副業
-

© 2021 退職代行ナビゲーター Powered by AFFINGER5